感謝をすることで得られる効果・メリットは? ありがとうの気持ちを忘れずに前向きに生きていこう

こんにちは! カズです!

みなさん、家族や友人、学校や職場で出会う人たちに感謝をしていますか? 些細なことでもありがとうと伝えることができていますか? 感謝の効能はとても素晴らしく、知ればもはや感謝せずにはいられなくなること間違いありません(笑)

今回は感謝をすることで得られる効果と、具体的な感謝の実践の仕方を紹介していきます。「感謝」とはすなわち、物事を大切に味わい、当たり前だとは思わず、対象(物事)に価値を見出すことです。

「見返りを求めて感謝するのは間違ってるんじゃあねぇか…?」という意見もあるでしょう。ですが、やらない善よりやる偽善。まずは、感謝することを習慣化することがなによりも大切なことだと思います。


感謝による効果その1 ポジティブになる


感謝の気持ちを示すことで、ストレスへの耐性が強くなり、鬱になったり嫉妬に狂ったりといったネガティブ思考による弊害に苦しみにくくなります。

辛い思いをした時でも、悲しさに打ちのめされるのではなく「今の自分にはいったい何ができるのか?」といったことをすぐに考えられるようになり、人間的にもどんどん成長できます!

ポジティブ思考(辛いことから目を逸らすのではなく受け入れて前に進んでいく思考)になることで得られる恩恵は本当に計りしれません。


感謝による効果その2 人間関係が良好になる


人間関係で悩みを抱えている方は多いでしょう。アドラー心理学では「人の悩みは全て、人間関係の悩みである」と言われるほどです。そんな人間関係が少しでも良好になれば最高ですよね。

感謝の気持ちを通して、人とのつながりをより感じることができます。さらに感謝された人は「好意の返報性」(自分から好意を示すことによって相手も好意を示してくれること)によってよりあなたに好意を持つことになります。

素直に感謝をされて悪い気分になる人なんてそうそういませんよね? むしろ幸福感のようなものを得られることだってあると思います。幸福は伝染するものなので、職場や学校、家族や友人間の人間関係が良好になるだけではなく、より幸せな環境になっていきます。


感謝による効果その3 行動力が身につく


はじめから誰に対しても感謝の念を持ち、伝えることができる人なんてそうそういません。まずは自分の意思で行動する必要があります。

上に記したように、感謝すればどんどんポジティブになって、人間関係もよりよくなっていきます。最初は億劫でも、習慣化さえすることができれば、行動力は今までとは比べ物にならないほどついてきます

次の項目では、具体的にどのように行動すれば、感謝することができるようようになるのか、いくつか例をあげていきます。感謝を通して、行動力のある人間に成長しましょう!


感謝を示す具体的な方法その1 感謝日記をつける


いまこの瞬間、あなたが本当に感謝していることを週に一度でいいので、3~5つ書き記していく「感謝日記」をつけてみましょう。

なにかしらの形で、あなたの人生に関わってくれている人や物への感謝の気持ちを記してみましょう。「店員さんが笑顔で接客してくれた」「上司が気にかけてくれた」などなど、あなたの物事のとらえ方次第で、どんな状況・相手にだって感謝の気持ちを抱くことができるでしょう。

また感謝する対象はなんでも構いません。「今日はいい天気だった」「好きな本を読むことができた」など些細なことでいいのです。大切なのは心から「よかった」と感じられることを書くことです。


感謝を示す具体的な方法その2 直接、感謝(ありがとう)を伝える・手紙を書く


電話や手紙、または面と向かって相手に直接感謝の気持ちを示すことは、照れくさいですけど一番効果的です。できればはっきりと言葉で「ありがとう」という気持ちを伝えてあげましょう。

「どうしても恥ずかしい」「そんなのガラじゃあない…!」という方は、まずは手紙を書くだけでも構いません。たとえ相手に見せなくても、感謝の手紙を書くだけで幸福度が上昇し、気持ちがポジティブになることがポジティブ心理学(人間がどうすればより幸福に、ポジティブになれるのか研究する学問)の研究からわかっています。


感謝を示す具体的な方法その3 感謝をする対象を絶えず変えていく


上記の方法で感謝を示していくことはとても効果的なのですが、感謝する対象を定期的に変えていくことがマンネリ化防止にも役立ちますし、常に新鮮な気持ちで続けることができます。

感謝する対象を、身近な人間だけでなく、過去に助けてくれた人やネットで知り合った人なんかに向けてみるのもいいかもしれません。

また、「まわりの環境」や「いつも使っている物」はたまた「自分の人生そのもの」に対してなど、ありとあらゆるものに感謝の念を抱けると素晴らしいですよね。


まとめ


感謝することによって得られる効果や実践方法を紹介してきました。参考になれば幸いです。

心から感謝を示せることが理想的ですが、なによりもまずは感謝を通してまわりも自分もみんな幸せにしてやるぜ!という断固たる決意をして継続していくことが第一です!

あなたも「感謝」を通して、前向きに人生を楽しんでいきましょう!

最後まで記事を読んで下さり、本当にありがとうございました。またお会いしましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です